オススメ漫画!山田ヒツジ作「デキる猫は今日も憂鬱」のオススメポイントと感想まとめ

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。

先日久し振りに本屋さんに行っていくつか漫画を買ってきました。その中の1つが山田ヒツジさんの「デキる猫は今日も憂鬱」です。

今回は「デキる猫は今日も憂鬱」のオススメポイントと感想をまとめました。

「デキる猫は今日も憂鬱」とはどんな漫画か

都会で1人暮らしをしているOLの幸来(さく)。少し前に捨て猫を拾い飼うことにするが、気がついたらかなりおおきく成長していた。

猫ってこんなに大きくなるものだっけ???しかも大きいだけではなく家事等すべて完璧にこなすデキる猫だった!パーフェクトな猫とずぼらなOLの同居を描いたほのぼの漫画です。

スポンサーリンク

山田ヒツジさんとはどんな方か

出典:https://twitter.com/yamada_hitsuzi

主にクリエイターとして活動されている方で、pixiv・twitterに創作漫画を投稿されています。2008年から2012年まで月刊少年シリウスで「僕の後ろに魔女がいる」を連載。「デキる猫は今日も憂鬱」二巻が9月9日発売予定です。

山田ヒツジさんについてはコチラ

「デキる猫は今日も憂鬱」の感想・オススメポイント

山田ヒツジさんもpixivやtwitterに漫画を投稿してくださっていたのですが、やはり書籍版ならではの良さがあるので購入させていただきました。

書き下ろしが多い、続きが気になる

SNSに投稿されている漫画は四コマ漫画で読みやすい短編集ですが、書籍版には少し少し長めの通常コマ割の漫画が書き下ろしで掲載されています。OLの幸来と猫の諭吉以外の登場人物も出てきて、どんどん話が盛り上がってきました。

【書き下ろし内容】

    • 幸来と上司が水族館へ出掛ける話・・・等

登場人物がみんな良い人(+猫)

主人公のOL幸来と猫の諭吉はもちろんのこと、幸来の仕事仲間や近所の方々・・・すべての登場人物が個性がありつつ良い人です。どこを読んでもほっこり温かい気持ちになります。

絵柄が可愛い

山田ヒツジさんの画風は少女漫画のように、細い線で優しく描かれています。それでいて登場人物一人ひとりがしっかりと描き分け出来ているので、とても見やすい絵柄です。

猫(諭吉)が飼いたくなる

掃除・洗濯・料理・買い物・飼い主の世話・貯金・・・本当にすべて完璧にこなすので、猫(諭吉)が飼いたくなります。こんな猫ちゃんがいたら毎日が楽チンで楽しくて幸せなんだろうなと考えてしまいます。

スポンサーリンク

おわりに

現在もpixivやtwitterで少し漫画を読むことはできます。なので是非そちらでも読んでいただいて、もっと読みたいと思われたら書籍版の購入をオススメします。9月9日に二巻が発売されるのでまとめて購入するのも良いと思います。

スポンサーリンク