元動物看護師が描く!漫画で知る動物病院・第2話「診察券」

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。

最近ペット飼育数増加に伴い増えてきた動物病院ですが、どんな人が働いているのか、どんな仕事内容なのか・・・など知らない方が多いと思います。

そこで、少しでも多くの方に動物病院について知っていただくために、以前動物看護師として働いていた経験をもとに、漫画を描いてみました。

この記事を読めば、動物病院はなにをしているのか、動物看護師と獣医師の違い、動物病院を利用する際の注意点などがわかります。是非参考にしてみてください。

今回は動物病院の診察券についてまとめました。

注意
  • 漫画の内容は実際に私が経験した事が描いてあります
  • 名前はすべて仮名であり、特定の個人・団体を非難する目的で描いていません

動物病院の診察券

重要な情報は診察券に記載してあります。

一度動物病院に来院すると、患者動物ごとに診察券が発行されます。そして、次回からは来院時に受付で提出するようにお願いされるでしょう。

診察券には以下の情報が記載されています。

  • 飼い主さんの名前
  • 患者動物の名前
  • カルテ番号
  • 動物病院の住所・連絡先・診察時間・・・など

診察券は動物病院のスタッフがカルテを探す時に使用したり、家で飼い主さんが診察時間の確認をしたりする時に活躍します。パソコンで調べたりするより効率が良いのです。

スポンサーリンク

診察券の重要性

確かに診察券を出さなくても、スマホ・パソコンで調べれば動物病院の情報は簡単に出てきます。また、来院時に口頭で名前を教えて頂ければカルテを探すことが可能です。

しかし、それだと時間がかかってしまいます。特に混んでいる時は常に受付に人がいるとは限らないので、診察券を出していない方の来院に気がつかない可能性があります。

診察券を出してもらうことにより、正しい来院順で早い受付を可能にします。是非来院時は診察券を出すようにお願いします。

2年弱勤めても知らない飼い主さんとか普通にいます。

スポンサーリンク