wpX利用者向け!FFFTPのダウンロードから初期設定までの方法を徹底解説!

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。

ブログに使用するファイルを作成した後、自分のサーバーにファイルをアップデートする必要があります。その時使用するのがFFFTPという無料ソフトです。

今回はレンタルサーバー会社・wpXを利用している方向けに、FFFTPのダウンロード方法から初期設定までを徹底解説します。

こんな方にオススメ
  • レンタルサーバー会社・wpXを利用している方
  • HTMLなど専門知識がない方

FFFTPとは

そもそもFFFTPとはなんでしょう。

FFFTPとはファイルをサーバー上にアップデートするためのツールです。HPを作成するためにHTMLファイルや画像ファイルを作成しますが、これらはサーバー上にアップロードしないと使用できません。その時使用するのがFFFTPです。

他にも同じ機能のツールは存在しますが、FFFTPはその中でも特に知名度が高く信頼されています。また、無料でダウンロードが可能な割りに、しっかりとした機能が利用できます。たまにファイルのアップデートをしたい方にオススメです。

スポンサーリンク

FFFTPのダウンロード・インストールの方法

まずはFFFTPをダウンロードします。インターネットでFFFTPと調べると「窓の杜(まどのもり)」というサイトが表示されます。こちらのサイトでFFFTPをダウンロードさせていただきましょう。

HPに移動すると、FFFTPのファイルをダウンロードできる画面が表示されます。FFFTPには32bit版64bit版の2種類あります。自身のに対応する方をダウンロードしましょう。

「コンピューター」の「ダウンロード」にFFFTPのファイルがダウンロードできました。

ダウンロードしたFFFTPのファイルを開きます。FFFTPのインストール画面が出てきますので、手順に沿ってFFFTPをインストールしましょう

無事インストールが完了すると、デスクトップに以下のFFFTPのアイコンが表示されます。これでFFFTPのダウンロードが完了しました。

パソコンのbitの確認方法

FFFTPダウンロードページに対応環境を書いておいて下さっていますが、不安な方は以下の手順でPCのbitを確認しましょう。

  1. PCの「スタート」を開く
  2. メニュー右側にある「コンピュータ」の上で右クリック
  3. 出てきたメニューの中から「プロパティ」を選択
  4. 「システムの種類」を確認
  5. 自身のPCのbitがわかる

スポンサーリンク

FFFTPの初期設定・新規ホストを登録する方法

サーバーに接続するために必要な設定をしていきます。まずはFFFTPを開き、「新規ホスト」を選択します。

新規ホストを登録する際入力しなければいけない箇所は、①~④の4箇所です。①~④すべて入力完了したら「OK」を押しましょう。ホスト一覧にホストが追加されます。

①~④の入力内容について、順番に解説していきます。

①ホスト設定名

ホストの名前です。なんでも大丈夫ですので、自分がわかりやすい名前をつけましょう。(私は分かりやすいように、サーバー名と同じにしました。)

②ホスト名(アドレス)

wpXの管理ページに移動し、メニューの「サーバー情報」のページを表示します。するとサーバー基本情報が表示され、その中に「ホスト名」があるのでコピーします。コピーした文字列をFFFTPの「ホスト名(アドレス)」に貼り付けます。

③ユーザー名・④パスワード

wpXの管理ページに移動し、メニューの「wordpress設定」のページを表示します。FTPアカウント設定の「設定」をクリックします。

メニューの「設定変更」をクリックします。

出てきた画面のFTPアカウントID=③ユーザー名パスワード=④パスワードとなります。パスワードは変更可能なので、必要であれば変更しましょう。「設定変更(確認)」を押すと次の画面で確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サーバーに接続する方法

作成したサーバーに接続してみましょう。ホスト一覧から接続したいものを選択した状態で「接続」を押します。

「ファイル一覧の取得は正常終了しました」という一文がでたら、無事接続ができたことになります。

おわりに

以上がFFFTPのダウンロードから初期設定までの解説でした。

ワードプレスを使っている方は、プラグインなどを利用すればFFFTPを使用しなくてもブログ運営が可能かと思います。

しかしグーグルアドセンスのads.txtファイルの設定など、たまにFFFTPを使用することがあります。普段使用しないからといって、消さないようにしましょう。

スポンサーリンク