元動物看護師が描く!漫画で知る動物病院・第1話「動物病院のスタッフ」

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。

最近ペット飼育数増加に伴い増えてきた動物病院ですが、どんな人が働いているのか、どんな仕事内容なのか・・・など知らない方が多いと思います。

そこで、少しでも多くの方に動物病院について知っていただくために、以前動物看護師として働いていた経験をもとに、漫画を描いてみました。

この記事を読めば、動物病院はなにをしているのか、動物看護師と獣医師の違い、動物病院を利用する際の注意点などがわかります。是非参考にしてみてください。

今回は動物病院にいるスタッフの種類についてと、動物病院での動物の反応についてまとめました。

注意
  • 漫画の内容は実際に私が経験した事が描いてあります
  • 名前はすべて仮名であり、特定の個人・団体を非難する目的で描いていません

動物病院にいるスタッフの種類

着ている制服で区別つくことが多い。

動物病院で働いているスタッフは、3種類に分けることができるのはご存知でしたか?スタッフの職業ごとに、できる仕事の範囲や内容が異なります。

困った時にそのスタッフにどのように声をかければいいかわかるようになるので、しっかりと把握しておきましょう。

獣医師

動物病院に必要不可欠な職業です。仕事内容は診察、処置、処方箋指示、手術、病院運営などです。

獣医師は国家資格です。診断・処方箋指示・採血など一部の仕事は獣医資格がないとできません。

そのため小さな病院であれば、獣医師1人いれば動物病院の運営は可能です。しかし1人では作業効率が悪く、できないことが多くあります。なのでほとんどの動物病院は、最低でももう1人雇って運営しています。

動物看護師

主に獣医師のサポートをします。仕事内容は問診、診察の補助、検査、調薬、掃除、備品管理などです。受付スタッフがいない病院の場合は、動物看護師が受付、会計を行います。

動物看護師は2023年には国家資格になります。獣医師が診察や処置を安全に効率良く行えるためのサポート技術を持っています。しかし診断・治療・処方箋指示など、一部の仕事を獣医師の代わりに行うことはできません。

動物看護師がいることで、獣医師は診察・処置に集中することが可能になります。獣医師と動物看護師の両方が揃うことで、動物病院は円滑に運営できているのです。

受付

大きい動物病院にいることがあります。仕事内容は受付、会計です。

資格は必要なく、誰でも働くことが可能です。あくまで受付・会計作業を行うスタッフなので、診断・治療についての質問は獣医師か動物看護師にしましょう。

スポンサーリンク

動物病院での動物の反応

動物病院で働くスタッフは毎日色々な動物を診察・処置しています。人間と同じように動物にも性格があり、診察・処置する時の反応は様々です。

ですがほとんどの動物が、慣れていない場所に怯え、知らない人に触られるのに抵抗します。場合によっては院内を暴れてしまうこともあります。

いくら家では大人しかったり、人懐っこかったりしていても、動物病院では豹変する可能性が高いです。処置中に悲鳴をあげていても、決してイジめている訳ではないので安心してください。

動物看護師の代理を務めるキャラクター。

おわりに

今回は動物病院にいるスタッフと、動物病院での動物の反応についてまとめました。

スタッフの種類を把握しておくことで、質問の内容によって聞く相手を選ぶことができます。時間短縮に繋がるでしょう。

また、動物病院での動物の反応が、家とは違うことが理解して頂けたかと思います。処置中に動物が悲鳴をあげていても、決してイジめているのではないと理解していただけると幸いです。

スポンサーリンク