【エッセイ漫画】動物を連れてくる時の注意点【動物病院の日常】

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。
過去に動物看護師として動物病院に勤めていた時の日常を漫画にしてお伝えしていきます!

犬、猫、インコなど、動物を飼ううえで必ず一度は行くのが動物病院です。しかし、動物病院とはどんなところなのか、獣医師や動物看護師はどんな仕事なのかなど、動物病院について詳しく知っている人は少ないと思います。

このサイトでは実際に動物看護師として働いた経験をもとに、動物病院とはどんな場所であるかや、動物に関する豆知識を紹介していこうと思います。

「これから動物を飼おうと考えている」「今動物を飼っている」「将来動物病院で働きたい」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事はこんな人にオススメ
  • 動物病院について知りたい人
  • 動物病院に動物を連れて行く時何に気を付ければいいか分からない人

動物病院の豆知識「動物を連れてくる時の注意点」

動物病院は狭い空間に何匹もの動物が集まるため、動物同士がケンカをしたり、ちょっとしたことで驚いて暴れ出したり可能性があります。

そのため、動物病院に動物を連れて行く時の注意点を把握しておかないと、自分や動物、周囲の人達がケガをする可能性があります。

今回は、動物病院に動物を連れてくる際の注意点を紹介します。犬と猫、それぞれを詳しく紹介するので、これから動物病院に行く予定がある人は参考にしてみてください。

犬を連れてくる時

動物病院に犬を連れて行く場合、首輪やハーネス、そしてリードを外れないように付けましょう。

動物病院内ではリードは短く持ち、犬が自分の傍から離れないように心掛けましょう。

他の動物に対して吠えてしまったり、病院が怖くて咬みつく恐れがあったりする場合は、口輪を付けるのがオススメです。口輪はサイズが合っていないと外れる危険性があるので、ピッタリサイズのものを選ぶようにしましょう。

猫を連れてくる時

動物病院に猫を連れて行く場合、動物用のキャリーケースに入れるようにしましょう。

猫は少しの隙間があれば飛び出す危険性があるので、診察室以外ではキャリーケースを開けないようにします。

動物病院が初めてだったり、動物病院が怖くて暴れる可能性があったりする場合は、猫を洗濯用ネットに入れてからキャリーケースに入れましょう。暴れることを防ぐことができ、スムーズに診察・治療ができますよ。

スポンサーリンク

初めて動物病院に来るのが初めての猫ちゃんがいました。飼い主さんが言うには、「この子はおとなしい」「動物病院もきっと大丈夫」とのことだったのですが…、

初めての動物病院や、初めて会う獣医師や動物看護師が怖かったらしく、キャリーケースから出した途端に診察室内を暴れ始めました

捕まえようとした動物病院のスタッフ達は、腕や顔を引っ掛かれたり咬みつかれたりしながらやっとの思いで猫ちゃんを捕まえました。

結局、興奮してしまった猫ちゃんの診察は無理なので後日再来院、ケガをした動物病院のスタッフは全員病院で治療をしてもらうことになったのです。

家ではおとなしくても、動物病院は家ではないので暴れる可能性がどの動物にもあります。動物病院に来る際は、必ず細心の注意を払うようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク