【エッセイ漫画】動物病院にいるスタッフの種類は?【動物病院の日常】

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。
過去に動物看護師として動物病院に勤めていた時の日常を漫画にしてお伝えしていきます!

犬、猫、インコなど、動物を飼ううえで必ず一度は行くのが動物病院です。しかし、動物病院とはどんなところなのか、獣医師や動物看護師はどんな仕事なのかなど、動物病院について詳しく知っている人は少ないと思います。

このサイトでは実際に動物看護師として働いた経験をもとに、動物病院とはどんな場所であるかや、動物に関する豆知識を紹介していこうと思います。

「これから動物を飼おうと考えている」「今動物を飼っている」「将来動物病院で働きたい」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事はこんな人にオススメ
  • 動物病院について知りたい人
  • 動物病院に行った時、誰に声をかければいいか分からない人

動物病院の豆知識「スタッフの種類」

動物病院で働いているスタッフは、大きく分けて3種類になります。スタッフの種類によって持っている知識や、できる仕事内容が異なります。

それぞれのスタッフについて詳しく紹介するので、「どのスタッフに声をかければいいの?」と分からない人はぜひ参考にしてみてください。

獣医師

獣医師は、国家資格である獣医師免許が必要な職業です。動物病院にいる獣医師は、犬や猫などの小動物を対象に診療・治療を行います。

こんな時は獣医師に声をかけよう!

「体調が悪いから診てほしい」「ウチの子は何かの病気ですか?」「今後どんなご飯をあげればいい?」など、診察・診断・治療方針に関する質問は獣医師にしましょう。

動物看護師

動物看護師は、獣医師のサポートや動物病院の設備・備品管理、薬の用意などを行います。動物病院によっては、動物看護師が受付業務も担当する場合があります。

資格を持っていなくても動物看護師として働くことができますが、診察・治療などの直接的な治療行為や診断は禁止されています。

こんな時は動物看護師に声をかけよう!

「さっき獣医師に言われたことを忘れてしまった」「薬のあげ方が分からない」など、診察・診断・治療方針以外の質問は動物看護師でも対応できます。

受付

受付は、来院者の受付対応や会計などを行います。動物に関する知識がなくても働くことが可能です。

そのため、受付担当のスタッフに専門的な質問をしても答えられない場合があります

こんな時は受付スタッフに声をかけよう!

「今日は〇〇先生は出勤?」「お会計について確認したい」など、来院時の問診や病院のスケジュール、会計の詳細など、受付業務に関する質問は受付スタッフでも対応できます。

スポンサーリンク

【動物看護師エッセイ漫画】答えられるけど答えられない

「動物看護師は診察・診断・治療方針などはできない」と紹介しました。そのため、それらに関する質問には、獣医師の確認をしないで勝手に答えることはできません。

しかし、獣医師が他の人の診察中で質問できない時、飼い主さんから獣医師しか答えてはいけない質問をされることがあります。

そんな時は、例え知識があり答えられる質問であっても、一度獣医師に確認を取るという対応を取らせて頂いているのです。

なるべく診察中に獣医師に質問をするようにすると、待たされることがありませんよ。

スポンサーリンク