はみ出さずに塗れる!クリスタの透明ピクセルをロックの使い方を解説!

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。
今回は、クリスタの便利機能の1つ、「透明ピクセルをロック」の使い方を解説します!

クリスタには、様々な便利機能がありますが、その中の1つに「透明ピクセルをロック」というものがあります。使い方は簡単なので、是非この機会に覚えましょう。

この記事では、「透明ピクセルをロック」の使い方、「透明ピクセルをロック」はどのような場面で活用できるのかについて解説しています。是非参考にしてみてください。

この記事がオススメな人
  • クリスタ初心者
  • 「透明ピクセルをロック」の使い方や活用方法が分からない人

クリスタの便利機能「透明ピクセルをロック」とは

クリスタの便利機能である「透明ピクセルをロック」とは、レイヤーに描画されていない部分には、描画できないようにロックする機能です。

「透明ピクセルのロック」のON/OFFは、いつでも好きなだけ行うことが可能なので、慌てることなく自分のタイミングで使いましょう。

クリスタの「透明ピクセルの保護」と似たような機能は、他のソフトでは「透明部分の保護」「透明部分をロック」「不透明度ロック」などと呼ばれています。

エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】

スポンサーリンク

「透明ピクセルをロック」の使い方

それでは、クリスタの「透明ピクセルをロック」の使い方を確認しましょう。

まず、レイヤーに自由に描画します。線画や基本色を塗る時のレイヤーはラスターでも、ベクターでも、どちらでも問題ありません。しかし、ベクターだと「透明ピクセルのロック」が使えないので、ロックする前にラスタライズする必要があります。

①線画を描いて、基本の色を塗る

レイヤー確認画面を開き、透明部分への描画を出来ないようにしたいレイヤーを選択した状態で、「透明ピクセルをロック」のアイコンをクリックします。

②希望のレイヤーを選択した状態で「透明ピクセルのロック」をON

これで、「透明ピクセルをロック」をONにしたレイヤーは、OFFにしない限り、透明部分に新しく描画することは出来なくなりました。

③色レイヤーの「透明ピクセルをロック」をONにした状態

エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】

「透明ピクセルをロック」の活用例

クリスタの「透明ピクセルをロック」は、具体的にどのような場面で活用するのか、いくつか例を紹介します。作業効率が上がったり、より良いイラストが描けるようになったりするので、是非参考にしてみてください。

「透明ピクセルをロック」の活用例① 線画の色変え

線画が描いてあるレイヤーの「透明ピクセルをロック」をONにして、ペンやブラシを使って部分ごとに好きな色を塗りましょう。

線画を加筆したい場合は、「透明ピクセルをロック」をOFFにすれば、問題なく加筆することができますよ。

線画レイヤーの「透明ピクセルをロック」をONにし、好きな色で線を塗る

「透明ピクセルをロック」の活用例② 模様を描き込む

メインの色を塗った後、細かい模様を描き加えたい場合、色が塗ってあるレイヤーの「透明ピクセルをロック」をONにして、ペンやブラシを使って模様を描き込みましょう。

色を塗ってあるレイヤーは、パーツごとに塗り分けておくと、パーツごとにはみ出しを気にせず描き込むことができますよ。

色レイヤーの「透明ピクセルをロック」すると、はみ出しを気にせず模様を描ける

「透明ピクセルをロック」の活用例③ レイヤーの保護

線画など、レイヤー選択ミスによる加筆を防ぐために、これ以上加筆しない予定のレイヤーの「透明ピクセルをロック」をONにしましょう。

透明部分に新しく描画できなくなるため、下書きレイヤーに線画を描き込んでしまうなどのレイヤーの選択ミスに、一早く気が付くことができますよ。

①線画レイヤーの「透明ピクセルをロック」をONにしておけば、透明部分に新しく描き込むことが出来なくなる

②レイヤーの選択ミスにいち早く気が付くことができる

スポンサーリンク

おわりに

以上が、クリスタの便利機能の1つ、「透明ピクセルをロック」の使い方の解説でした。

「透明ピクセルをロック」のアイコンをクリックするだけと、使い方はとても簡単でありながら、作業効率を上げたり、イラストの仕上がりをより良くしたりできるので、是非積極的に使っていきましょう。

また、クリスタには他にも便利な機能があります。色々と試しながら、自分がやりやすい方法を見つけ出してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク