隙間が簡単に塗れる!クリスタ「塗る残し部分に塗る」の使い方を解説!

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。
今回は、クリスタの便利機能「塗り残し部分に塗る」の使い方について解説します!

イラストの色を塗っている時、塗り潰し機能だけではキレイに塗れず、ペンでちまちまと隙間塗りをしたことはありませんか?時間はかかるし、面倒臭いし、嫌な作業ですよね。

そこで、クリスタの便利機能「塗り残し部分に塗る」を活用すれば、誰でも簡単にキレイに、塗り潰し機能では塗れなかった部分を塗ることができますよ。

この記事はこんな人にオススメ
  • クリスタ初心者
  • 隙間塗りが面倒臭いと感じている人
  • 「塗り残し部分に塗る」を知らない人

キレイに塗りたいなら「塗り残し部分に塗る」を活用しよう

塗り潰し機能で色を塗った時、細い部分や線の下が塗れていない場合があります。そんな時は、塗り潰しをした後、クリスタの便利機能「塗り残し部分に塗る」を活用しましょう。

「塗り残し部分に塗る」を使えば、細い部分や線の下まで、簡単・キレイに塗ることができますよ。自分で塗り残しを探して、ペンで塗っていた時と比べると、隙間塗りに費やす時間をかなり短くすることができますよ。

左:塗り潰しのみ、右:塗り潰し後に「塗り残し部分に塗る」を使用

スポンサーリンク

「塗り残し部分に塗る」の使い方① パーツを塗りつぶす

それでは、クリスタの便利機能「塗り残し部分に塗る」の使い方を解説していきます。是非参考にしてみてください。

まずは、塗り潰し機能を使って、パーツごとに塗っていきます。この時、無理に細かい所を塗ろうとすると、線の上を塗ってしまう恐れがあるので、無理はしないようにしましょう。

線の上を塗ってしまうと、仕上がりに差が出てくるので注意!

エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】

「塗り残し部分に塗る」の使い方② 「塗り残し部分に塗る」を選択・設定

次に、塗り潰し機能一覧にある「塗り残し部分に塗る」を選択しましょう。

すぐにでも使うことはできますが、初めて使う場合は設定を確認・変更するのがオススメです。

自分が使いやすい設定や、ブラシサイズを選びましょう。

スポンサーリンク

「塗り残し部分に塗る」の使い方③ 塗り残しが心配な部分を塗る

最後に、「塗り残し部分に塗る」を選択した状態で、隙間がある部分を塗りましょう。

最初に塗り潰しで塗った部分を「塗り残し部分に塗る」で覆うように塗ると、簡単にすべての隙間を塗ることができますよ。

エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】

端の部分はペンで塗るか、範囲選択を活用する

クリスタの便利機能「塗り残し部分に塗る」ですが、必ずしもすべての隙間を塗ることができるわけではありません。特に、髪の先端など、色を塗る場所の端の部分は、「塗り残し部分に塗る」でも中々塗れません。

なので、「塗り残し部分に塗る」でも塗れなかった場所は、ペンで塗るようにしましょう。少し面倒ではありますが、「塗り残し部分に塗る」の後なら数か所で済みますよ。

もしくは、塗るパーツを範囲選択をしてから、塗り潰し→「塗り残し部分に塗る」をすると、端もキレイに「塗り残し部分に塗る」で塗ることができますよ。

ただし、塗る範囲が広かったり、複雑だったりする場合、範囲選択に時間がかかってしまいます。範囲が狭い・シンプルな場合に用いるのがオススメです。

事前に範囲選択をするか、仕上げにペンで塗るか、自分がやり易い方法を選びましょう。

スポンサーリンク

おわりに

以上が、クリスタの便利機能「塗り残し部分に塗る」の使い方についての解説でした。

「塗り残し部分に塗る」を使わなくても、問題なくイラストを塗ることはできますが、作業効率が上がるので、是非活用するのがオススメです。

クリスタには、他にも作業時間を上げることができる、便利な機能がたくさんあります。基本操作に慣れてきたら、是非便利機能を試してみてください。

スポンサーリンク