夫婦の日常を描く・実録絵日記 第60話「低いよ!自己肯定感④」

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。

数年前に結婚をして、今は主人と二人で協力しながら暮らしています。

平日は仕事して、休日は二人でゆっくり好きなことをして過ごす、そんな日常の中で起きたちょっとした出来事を漫画にしてみました。息抜きに読んで頂けたら嬉しいです。

漫画の内容は実際に私が経験したことです。
名前はすべて仮名であり、特定の個人・団体を非難する目的で描いていません。

【スポンサーリンク】エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】

第60話 「低いよ!自己肯定感④」

「自己肯定感」とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%82%AF%E5%AE%9A%E6%84%9F)

自己肯定感が低いゆえに、「主人にとって私って不要な存在なのでは?」という考えに至ることがあります。一方で、「結婚してるくらいだから嫌われてはないはず!」とポジティブ?な考えも持ち合わせています。

しかし結婚した経緯を考えてみると、どうしても「今まで素敵な人が現れなかったから、家事もできるし今の嫁(私)でいいか」という理由で、結婚しているのではないかと勝手に考え、勝手に落ち込むのです。

自分の事ながら、自己肯定感が低すぎると面倒臭いなと思います。

スポンサーリンク