【初心者向け】クリスタを使いこなそう!自動選択の使い方を解説!

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。
今回は、クリスタ初心者向けに、便利機能・自動選択について解説します!

クリスタでイラストを制作する際、部分的に色を塗ったり、効果を付けたりしたいと思うことありませんか?そんな時は、クリスタの便利機能・自動選択が便利ですよ。

この記事では、自動選択とは何か、自動選択の基本的な使い方、自動選択の細かい設定方法について解説しています。是非参考にしてみてください。

この記事はこんな人にオススメ
  • クリスタ初心者
  • 色塗りを効率良くしたい人
  • 自動選択の設定方法が分からない人

自動選択とは

自動選択とは、線や色で囲まれた部分をたどって、選択範囲を自動で作成するツールです。線画をもとに、肌や髪など、パーツごとに色を塗り分ける時に使うと便利な機能です。

塗りつぶし機能でも、同じように部分的に色を塗ることができます。しかし、自動選択を使うことで、選択範囲外への描写が反映されなくなります。はみ出さないように、細かく書き込みたい時は自動選択を使いましょう。

スポンサーリンク

クリスタの自動選択の基本的な使い方

まずは、クリスタの自動選択の基本的な使い方を確認しましょう。

①キャンバス左側にある「自動選択」のアイコンを選択します。

キャンバス左側にある「自動選択」のアイコンをクリック

②選択して色を塗りたい部分をクリックします。(今回は髪)

選択したい部分をクリック(クリックすると点線で囲まれる)

③線画レイヤーの下に色レイヤーを用意して、塗りつぶし機能やブラシを使って色を塗ります

選択すると出てくるツールバーは、便利な機能がまとめてあります。必要であれば使いましょう。

エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】

クリスタの自動選択のサブツールを選ぼう

クリスタの自動選択には、狙い通りに選択するための「サブツール」が設定できます。サブツールの設定によって、自動選択で選択できる範囲が異なるので、注意しましょう。

今回は、人物Aと人物Bと背景、3つの線画レイヤーがある状態を例に説明します。

青:背景、赤:人物A、黄:人物B

自動選択サブツール① 編集レイヤーのみ参照選択

編集対象として選んでいるレイヤーだけに描写してある線・色だけを参照して、選択範囲を作成します。

背景レイヤーを編集対象として選んでいる場合、人物A・Bレイヤーに描写してある線画は無視して選択範囲を作成します。

自動選択サブツール② 他レイヤーを参照選択

編集対象として選んでいるレイヤーだけではなく、他のレイヤーも参照して選択範囲を作成します。

つまり、目に見える線画がすべて選択対象となるので、一番簡単な設定方法となります。クリスタ初心者は、「他レイヤーを参照選択」を選ぶのがオススメです。

背景レイヤーを編集対象として選んでいる場合、背景レイヤーだけではなく、人物A・Bレイヤーも選択範囲の作成に関係してきます。

自動選択サブツール③ 参照レイヤー用選択

編集対象として選んでいるレイヤーだけではなく、自分で選んだ参照レイヤーも参照して、選択範囲を作成します。

レイヤー編集画面に、「参照レイヤーに設定」というアイコンがあるので、参照レイヤーにしたいレイヤーを編集対象として選択した状態で、アイコンをクリックしましょう。

参照レイヤーに選択されたレイヤーは、レイヤー名の横にアイコンが表示されます。いつでも自由に参照レイヤーを設定することができるので、制作手順に合わせて設定しましょう。

背景レイヤーを編集対象として選んでいて、人物Aレイヤーを参照レイヤーに選んだ場合、人物Bレイヤーは無視して、背景レイヤーと人物Aレイヤーを参照して選択範囲を作成します。

線画レイヤーを3つ以上に分けている場合、便利な設定となります。

選択中の背景レイヤーと、参照レイヤーである人物Aレイヤーだけ参照している

スポンサーリンク

クリスタの自動選択のツールプロパティを自分好みに変更しよう

自動選択のツールプロパティ

クリスタのサブツールを設定しただけでは、隙間ができてしまったり、狙った通りに選択できなかったりすることがあります。そんな時は、「ツールプロパティ」を自分好みに変更しましょう。

複数の項目があるので、色々試しながら、自分に合った設定を見つけましょう。今回は、ツールプロパティの重要な項目を4つ解説します。是非参考にしてみてください。

ツールプロパティの重要な項目① 隣接ピクセル

1つ目の項目は「隣接ピクセル」です。チェックがオンの場合、クリックした場所に繋がっているピクセルのみを選択します。チェックがオフの場合、レイヤー内の同じ色をすべて選択します。

パーツごとに色分けをするために自動選択を使う場合、必ずチェックを入れておきましょう。チェックを外しておくと、余分なパーツまで選択してしまう可能性があります。

ツールプロパティの重要な項目② 隙間閉じ

2つ目の項目は「隙間閉じ」です。線の隙間を閉じてくれる機能です。チェックを入れておくと、ちょっとした隙間があっても、無視してパーツごとに選択することができます。

どのくらいの隙間を自動で閉じるか、数値を細かく設定できるので、自分の絵柄に合わせて設定しましょう。

ツールプロパティの重要な項目③ 色の誤差

3つ目の項目は「色の誤差」です。数値が大きいほど、より多くの色の領域を選択の対象に含めることができます。

数値は細かく設定することができますが、0と30では大差がありません。設定するなら70以上がオススメです。色の誤差を設定しておくと、選択範囲の拡張をする必要が減りますよ。

ツールプロパティの重要な項目④ 領域拡縮

4つ目の項目は「領域拡縮」です。指定した分だけ、本来の領域よりも拡大したり、縮小したりした範囲を選択することができます。

領域拡縮と色の誤差を組み合わせることで、塗り残しを防ぎやすくなります。

おわりに

以上が、クリスタ初心者向けの、自動選択についての解説でした。

自動選択の使い方を覚える事で、自動選択を使う前よりも、キレイに早くイラストを制作することができますよ。

設定の違いさえ理解していれば、簡単に使いこなすことができるので、是非この機会に使い方を覚えましょう。

スポンサーリンク