イラストレーターを目指す人はSNSを使おう!活用方法を徹底解説!

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。
今回はイラストレーターを目指すなら、やっておくべきSNSについて徹底解説します!

今のご時勢、ほとんどの人がスマホを持っているため、twitterやinstagramなどのSNSは、重要な情報発信源として活用することが可能です。

そしてSNSの中でも、イラストレーターを目指す人がやっておくべきSNSが3つあります。やるべき理由と運営方法、投稿のポイントなどを解説します。是非参考にしてみてください。

この記事はこんな人にオススメ
  • イラストレーターを目指している人
  • イラストを多くの人に見てもらいたい人

フリーのイラストレーターを目指すならSNSを活用しよう

フリーのイラストレーターを目指すなら、SNSを活用するのがオススメです。なぜなら、自分のイラストをより多くの人に見てもらうことができるからです。

また、多くの企業がSNSを利用・観覧しているため、SNSに投稿したイラストが企業の目に留まり、イラストレーターとしての仕事を依頼される可能性もあります。

イラストレーターになるためには、企業にポートフォリオを送る手段が有効的です。しかし今のご時勢、SNSにイラストを投稿するという手段も同等の影響力があるのです。

チャンスを無駄にしないためにも、是非SNSを活用しましょう。

スポンサーリンク

イラストレーター向けSNS① twitter

ツイッターとは、自由につぶやいたり、他の人のつぶやきを見て楽しんだりする、幅広い年代に人気があるSNSです。

描いたイラストを投稿すると、ステキだと思ってくれた人達が、RTやいいねをしてくれます。RTやいいねの数が増えると、より多くの人に自分のイラストを見てもらえます。

ツイッターをやるべき理由

  • 気軽にイラストを投稿・拡散できる
  • 仕事の依頼に繋がる可能性有り
  • 友達・相談者・ファンができる

文字数やSEO対策が必要なブログと比べると、気軽に投稿・拡散できるのがツイッターの良いところです。ただし、拡散するためには、需要のあるイラストを描いたり、フォロワーを増やしたりする必要があります。

ツイッターの運営方法

イラスト、制作過程、イラスト関連ツイートだけを投稿する、イラスト投稿用アカウントを用意しましょう。イラスト以外の内容や、マイナス発言はしないようにします。

また、他人のツイートのRTは控えましょう。イラストを見るためにプロフィール画面を開いたのに、他人のツイートのRTばかりだととても見づらいです。

ツイッターの投稿のポイント

イラストを投稿するとき、可能であれば2枚まとめてツイートしましょう。2枚まとめると、TLで見たときにイラストの全体図が見えるように表示されるからです。

1枚だけで投稿すると、拡大・見切れた状態でTLに表示されてしまい、TL上では魅力が伝わりにくくなります。

また、フォロワーがまだ少ない(3桁以下)の場合、イラスト投稿に専念するのがオススメです。「日常」を出しても、興味を持たれることは少なく、ツイート一覧が見づらくなるだけだからです。

イラストレーター向けSNS② instagram

インスタグラムとは、フォロワーと写真・動画を共有して楽しむ、若い年代に人気があるSNSです。

描いたイラストを投稿すると、ステキだと思った人がいいねをくれます。

インスタグラムをやるべき理由

  • 気軽にイラストを投稿できる
  • 仕事の依頼に繋がる可能性有り
  • ファンができる

ツイッター同様、気軽に投稿できるのがインスタグラムの良いところです。

また、インスタグラムは写真・動画の共有を目的としたSNSなので、イラスト投稿と相性が良く、投稿するだけでポートフォリオに似たものができあがります。

インスタグラムの運営方法

イラストだけを投稿する、イラスト投稿用アカウントを用意しましょう。イラスト以外の内容はしないようにします。

ツイッターと異なり、インスタグラムには拡散機能がありません。始めのうちは、自分から多くの人をフォローして、フォロワーを増やす努力をしましょう。

また、ステキだと思った他人の投稿があったら、いいねを送りましょう。相手の通知欄に自分が表示され、プロフィールを見てもらえる可能性があります。

インスタグラムの投稿のポイント

インスタグラムの基本的な画像表示サイズは、正方形です。正方形以外の形だと、TLやプロフィール画面でのイラストは、見切れて表示されています。必ず正方形のイラストを投稿しましょう。

インスタグラムの検索は「タグ(#)」を利用します。キャプションに、イラストに関連するタグをつけましょう。タグ数の目安は1つの投稿に対して、10~20個程つけるのがオススメです。

スポンサーリンク

イラストレーター向けSNS③ pixiv

ピクシブとは、イラスト・漫画・小説を投稿して、同じ趣向の人と繋がれる、創作活動に興味がある人達に人気のSNSです。

作品を投稿すると、ステキだと思った人達が、いいねやコメント、ブックマークをしてくれます。人気の作品はランキング形式で紹介され、より多くの人に自分の作品を見てもらえます。

ピクシブをやるべき理由

  • 気軽にイラストを投稿できる
  • 仕事の依頼に繋がる可能性有り
  • ファンができる
  • 支援用ページが持てる

ツイッター・インスタグラム同様、気軽に投稿できるのがピクシブの良いところです。

また、閲覧数やいいねの数によって、ランキングで紹介してもらえます。デイリーやウィークリーなど、数種類のランキングがあるので、ランクインする可能性は十分にあります。

ピクシブはFANBOXという、支援用サービスも運営しています。毎月定額の支援をしてくれた人だけが、作品を閲覧できるというものです。SNSのフォロワーが増えてきたら、FANBOXを始めてみてはいかがでしょうか。

ピクシブの運営方法

投稿用のアカウントを用意しておきましょう。二次創作作品は、違うアカウントで投稿するようにするのがオススメです。

ピクシブも拡散機能がありません。タグを利用したり、ツイッターで投稿したことを通知したりして、多くの人に見てもらい、ランキングに入るように頑張りましょう。

始めのうちは、こまめに投稿するのがオススメです。しかし、投稿回数を増やすために、落書きや製作途中の作品を投稿するのはやめましょう。

ピクシブの投稿のポイント

ピクシブは高画質で投稿することが可能なので、しっかりと描き込んだイラストを投稿するのに向いています

漫画の場合、コミックサイズだと読みやすいです。縦長すぎると読者がいちいち拡大する必要があり、読みづらいのオススメできません。

漫画のように作品が続いている場合は、「シリーズ機能」を利用しましょう。シリーズ設定した作品だけが表示されるので、とても見やすくなりますよ。

おわりに

以上が、イラストレーターを目指す人がやっておくべきSNSの解説でした。

SNSはHPやブログと比べると気軽に投稿ができ、多くの人に見てもらいやすいです。ですが、毎日多くの人が投稿するので、埋もれないように努力する必要があります。

今の時代、SNSで有名になり、仕事の依頼がくるのは珍しいことではありません。イラストレーターになる手段の1つとして、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク