元動物看護師が描く!漫画で知る動物病院・第20話「動物を飼う前に」

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。
今回は動物を飼う前に確認してほしいことについてまとめました。

最近ペット飼育数増加に伴い増えてきた動物病院ですが、どんな人が働いているのか、どんな仕事内容なのか・・・など知らない方が多いと思います。

そこで、少しでも多くの方に動物病院について知っていただくために、以前動物看護師として働いていた経験をもとに、漫画を描いてみました。

この記事を読めば、動物病院はなにをしているのか、動物看護師と獣医師の違い、動物病院を利用する際の注意点などがわかります。是非参考にしてみてください。

注意
  • 漫画の内容は実際に私が経験した事が描いてあります
  • 名前はすべて仮名であり、特定の個人・団体を非難する目的で描いていません

動物を飼う前に確認すべきこと

必要なものが揃ってから動物をお迎えしましょう。

動物を飼育する前に、確認すべきことがあります。思いつきや勢いで動物を飼うのではなく、しっかりと確認して考えてから飼うようにしましょう。

金銭的な余裕の有無

動物を飼育するのには、購入時のお金だけではなく、食費や病院代、維持費など、動物種によって異なりますが様々なお金がかかります。

例として、犬なら生涯200万円猫なら生涯100万円は、最低でもお金がかかります。病気やケガがあると、倍以上のお金がかかる場合もあります。

万が一の時もお金が用意できるかどうか確認しましょう。

時間の余裕の有無

動物だけでは生きていくことができません。人が時間を割いてお世話をする必要があります。ご飯をあげる時間、散歩する時間など、動物と一緒にいる時間を毎日確保できるか確認しましょう。

病気やケガをしたとき、毎日・毎週通院が必要になる場合もあります。

動物アレルギーの有無

動物アレルギーをもっていると、動物と一緒に生活するのが困難です。飼育前に人間用の病院で、アレルギー検査をしてもらい、動物アレルギーの有無を確認しましょう。

飼育予定の動物の寿命

動物種によって平均寿命が異なります。犬・猫は10~15年ハムスターは2~3年鳥類は10~50年など様々です。

また、動物種によっては介護も必要となるので、最期まで責任をもってお世話出来るか考えましょう。

飼育予定の動物の飼育方法

動物種によって飼育方法が異なります。毎日のお世話の内容や、エサの種類などあります。間違った飼育方法をすると、最悪の場合死んでしまうので注意が必要です。

動物に合った飼育方法を準備・維持できるか確認しましょう。

スポンサーリンク

お金と時間がない人は動物を飼わないで

動物を飼うと、必ずお金と時間が必要になります。犬・猫の場合、1回の手術費として最低5~10万円はかかり、毎日・毎週の通院が必要な場合は1回5000~1万円かかります。

「健康なら問題ない」と思いますが、いつなにが起こるかわからないのが動物です。なので、万が一の時にしっかりと対応するためには、お金と時間が必要なのです。

お金と時間の両方がない人には、動物を飼うのはオススメしません。ふれあいカフェや動物園などに行って、動物との時間を楽しむようにしましょう。

お金や時間がないために、治療を放棄する人を何人も見てきました。

おわりに

今回は動物を飼う前に確認してほしいことについてまとめました。

動物は人間と同じ生物です。オモチャではありません。もし飼いたいと思った場合、まずは動物について勉強・確認をしてから、責任をもって判断をしましょう。

特にお金と時間の両方がない人は、動物を飼うのはやめましょう。もしもの時に適切な対応ができず、動物に不幸な思いをさせてしまうからです。

スポンサーリンク