元動物看護師が描く!漫画で知る動物病院・第18話「混む時間・空く時間」

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。

最近ペット飼育数増加に伴い増えてきた動物病院ですが、どんな人が働いているのか、どんな仕事内容なのか・・・など知らない方が多いと思います。

そこで、少しでも多くの方に動物病院について知っていただくために、以前動物看護師として働いていた経験をもとに、漫画を描いてみました。

この記事を読めば、動物病院はなにをしているのか、動物看護師と獣医師の違い、動物病院を利用する際の注意点などがわかります。是非参考にしてみてください。

今回は動物病院の「混む時間」と「空く時間」についてと、空いている時の動物病院についてまとめました。

注意
  • 漫画の内容は実際に私が経験した事が描いてあります
  • 名前はすべて仮名であり、特定の個人・団体を非難する目的で描いていません

動物病院の混む時間と空く時間

簡単に健康状態チェックしてもらうだけなのに・・・。

動物病院には「混む時間」「空く時間」があります。把握しておくことで、待ち時間を減らすことが出来るかもしれません。

混む時間

  • 土日・祝日(特に午前・午後の診察開始すぐの時間帯)
  • 長期休みの始めと終わり

休日は1日中混んでいます。帰るまで平均2~3時間かかります。薬やご飯だけを持ち帰る場合でも、30~1時間かかることがあります。急ぎの用件でない場合は、なるべく平日に来院するようにしましょう。

長期休みの始めはお出掛け前の体調チェックや薬の補充、終わりはお出掛け後の体調不良で来院される方が増えます。

空く時間

  • 平日
  • 雨の日
  • 長期休みの真ん中(他の日と比較すると空いている方)

平日は基本的に1日中空いています。しかし、平日は10時過ぎに来院数が増えてくることが多いので、朝一番が1番空いている時間帯でしょう。

雨が降ると、歩いてくる方が来院を避けるため空きやすいです。しかし車での来院が増えるので、駐車場が満車になる可能性が高いです。近くのパーキングを把握しておくと、もしもの時安心でしょう。

長期休みの真ん中は、多くの方がお出掛けをしているためか比較的空いています。ですが、休日であることに変わりないので、必ず空いているとは言い切れません。

スポンサーリンク

空いている時の動物病院

来院している方が誰もいない時がたまにあります。そんな時でも基本的に暇ではなく、動物看護師も獣医師も仕事をしています。

  • 院内の掃除
  • 入院動物の処置
  • 備品の補充
  • 事務作業・・・等

主に時間がかかる仕事や、来院されている方がいるとできない仕事を、空いている時に片付けています。普段忙しくて中々できないため、やるべき仕事が溜まっていることが多いです。

溜まっていた仕事が片付き、それでも時間に余裕があるときがたまにあります。そんな時は院内で飼育している輸血犬や、ペットホテルで宿泊している子達と遊んだり、休憩したりしています。

頑張って掃除してもすぐに汚れる(動物病院あるある)

おわりに

今回は動物病院の混む時間と空く時間についてまとめました。

混む時間と空く時間を把握しておくことで、待ち時間を少しでも減らすことができます。飼い主さんと動物の受けるストレスの緩和に繋がるでしょう。

また、空いているからといって、動物病院のスタッフが暇ではないことが理解して頂けたかと思います。空いているのにすぐ対応しない場合は、別の仕事で忙しいのかな?と理解と協力をしていただけると幸いです。

スポンサーリンク