表現の幅を広げよう!クリスタのレイヤー合成モードを徹底解説!

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214)です。
今回はクリスタの機能・レイヤー合成モードについて解説します!

デジタルでイラスト制作するとき、色を塗る方が多いかと思います。でも塗ってみると色が変に浮いてしまい、思った通りの表現ができないことがありませんか?

そんな時はCLIP STUDIO(クリップスタジオ)の機能・レイヤー合成モードを活用しましょう!デジタル絵を描く時、よく聞く「オーバーレイ」や「乗算」などのことです。

この記事はこんな人にオススメ
  • クリスタでカラーイラスト・漫画を描く人
  • レイヤー合成モードの使い方が分からない人

目次

慣れないうちは「仕上げ」にレイヤー合成モードを活用しよう!

レイヤー合成モードは様々な使い方があります。自分に合った使い方を見つけることで、表現の幅が広がります。

ですが慣れないうちはどこにどう使えばいいのか、悩んだり分からなかったりすると思います。そこで初心者の方におすすめなのは、仕上げにレイヤー合成モードを活用する方法です。

下書きから色塗りまでは今まで通り行い、最後に「仕上げ」としてレイヤー合成モードを活用しましょう。これだけで色の浮きが軽減され、イラストの雰囲気がさらに良くなります。

特に便利なのが「オーバーレイ」というレイヤー合成モードです。通常の状態よりも、作品全体の色が統一されます。

スポンサーリンク

クリスタのレイヤー合成モード

クリスタで使用できるレイヤー合成モードを、順番に解説します。是非説明を見ながら自分の絵でも実践していただき、効果の違いを確かめてみてください。

レイヤー合成モード(1) 通常

不透明度100%であれば、下のレイヤーが透けて見えることはありません。レイヤーを新規作成したときのモードです。

レイヤー合成モード(2) 比較(暗)

下と上のレイヤーを比較したとき、下の色より暗い上の色が残り、下の色より明るい上の色は下の色と合成されます。

レイヤー合成モード(3) 乗算

上と下のレイヤーの色を掛け合わせます。暗い色同士が重なるほど、より暗くなります。多くの方が影を塗るときに活用しています。

レイヤー合成モード(4) 焼き込みカラー

下のレイヤーの色を暗くしてコントラストを強調した後、上のレイヤーの色を合成します。

レイヤー合成モード(5) 焼き込み(リニア)

下のレイヤーの色を暗くした後、上のレイヤーの色を合成します。

レイヤー合成モード(6) 減算

下のレイヤーの色から上のレイヤーの色を引いて合成します。合成後は元の色より暗くなります。

レイヤー合成モード(7) 比較(明)

下と上のレイヤーを比較したとき、下の色より明るい上の色が残り、下より暗い上の色は下の色と合成されます。

レイヤー合成モード(8) スクリーン

上と下のレイヤーの色を反転した状態で掛け合わせます。乗算の反対の効果が得られます。合成後は元の色より明るい色になります。

レイヤー合成モード(9) 覆い焼きカラー

下のレイヤーの色を明るくします。色のメリハリは弱くなります。

レイヤー合成モード(10) 覆い焼き(発光)

「覆い焼きカラー」よりも強い効果を得られます。

レイヤー合成モード(11) 加算

上と下のレイヤーの色を足して合成します。デジタルの場合は、色同士を加算すると明るい色になります。

レイヤー合成モード(12) 加算(発光)

「加算」よりも強い効果を得られます。

レイヤー合成モード(13) オーバーレイ

上と下のレイヤーの色を判断して、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗くします。明るい部分は「スクリーン」、暗い部分は「乗算」の効果が得られます。

レイヤー合成モード(14) ソフトライト

明るい色同士を重ねると「覆い焼き」のように明るく、暗い色同士を重ねると「焼き込み」のように暗く合成されます。

レイヤー合成モード(15) ハードライト

明るい色同士を重ねると「スクリーン」のように明るく、暗い色同士を重ねると「乗算」のように暗く表示されます。

レイヤー合成モード(16) 差の絶対値

下から上の色を引いた色の差の数値を、色に変換して表示します。

レイヤー合成モード(17) ビビットライト

上の色に応じて、コントラストに強弱をつけて合成します。明るい色を重ねると「焼き込み」を適用して明るくし、暗い色を重ねると「覆い焼き」を適用して暗くします。

レイヤー合成モード(18) リニアライト

上の色に応じて、明るさを増減して合成します。

レイヤー合成モード(19) ピンライト

上のレイヤーの色に応じて、下の色を置換して合成します。

レイヤー合成モード(20) ハードミックス

「差の絶対値」よりコントラストが低めに合成されます。

レイヤー合成モード(21) 除外

上のレイヤーのRGBの各値を、下のレイヤーのRGBの各値に追加して合成します。

レイヤー合成モード(22) 除算

下のレイヤーのRGBの各値を、上のレイヤーの明度で割って合成します。

レイヤー合成モード(23) 色相

下のレイヤーの明度と彩度の値を維持したまま、上のレイヤーの色相を適用します。

レイヤー合成モード(24) 彩度

下のレイヤーの明度と色相の値を維持したまま、上のレイヤーの彩度を適用します。

レイヤー合成モード(25) カラー

下のレイヤーの明度の値を維持したまま、上のレイヤーの色相と彩度を適用します。

レイヤー合成モード(26) 輝度

下のレイヤーの色相と彩度の値を維持したまま、上のレイヤーの輝度を適用します。

スポンサーリンク

クリスタのレイヤー合成モードの使用例① 影とハイライト

実際に私が使用しているモードを紹介します。影は「乗算」、ハイライトは「スクリーン」というレイヤー合成モードを使用しています。

塗る色はイラストの雰囲気で変えています。特に使う色は、影は灰色・紫色、ハイライトは白色・明るいピンクです。

スポンサーリンク

クリスタのレイヤー合成モードの使用例② 雰囲気を変える

使おうと思った背景素材が昼の明るい配色しかない場合、レイヤー合成モードを使用して夕方や夜の雰囲気に変更しましょう。

夕方にしたい場合は、背景レイヤーの下にオレンジ一色のレイヤーを用意して、背景レイヤーのモードを「ハードライト」に変更します。

すると昼間の明るい背景が、あっという間に夕方の雰囲気に変わります。

クリスタのレイヤー合成モードの使用例③ キャラクター演出

アニメやゲームでキャラクターを紹介するイラストの様な演出が、レイヤー合成モードを使えば簡単にできます。

キャラクター絵、背景を用意します。背景は明るい色を使いましょう。

キャラクターのレイヤーを「複製」「移動」「拡大」します。

複製したキャラクターのレイヤーのモードを「オーバーレイ」に変更します。レイヤーの順番は上から「キャラクター・メインレイヤー」「キャラクター・オーバーレイレイヤー」「背景」になるように並び替えましょう。

スポンサーリンク

おわりに

以上が、クリスタの機能・レイヤー合成モードの解説でした。

クリスタのレイヤー合成モードは種類が多く、慣れるまでは使いこなすのが大変だと思います。まずは「オーバーレイ」で作品の雰囲気の統一、次に「乗算」「スクリーン」で影とハイライトを覚えるのがオススメです。

自分らしさを表現したくなったら、まずはプロの塗り方などをマネしながら、自分に合った使い方を見つけるといいでしょう。

クリスタ公式HP

https://www.clipstudio.net/

スポンサーリンク