オススメ映画!「僕のワンダフル・ジャーニー」のオススメポイント&感想まとめ

こんにちわ、中村ありす(@alicetti1214です。

9/13に公開した映画「僕のワンダフル・ジャーニー」を先日観て来ました!前作「僕のワンダフル・ライフ」に引き続きとても素敵で可愛らしい作品でした!

今回は映画「僕のワンダフル・ジャーニー」のオススメポイントを感想と織り交ぜながら紹介します。

注意

映画のネタバレを少し含みます。知りたくない方は見ないようにお願いします。

映画「僕のワンダフル・ジャーニー」のあらすじ

イーサンという少年と出会った1匹の犬・ベイリー。その犬生を終えた後も、イーサンに会いたくて3回生まれ変わり無事大人になったイーサンと再会します。

しかもイーサンにはベイリーが生まれ変わって会いに来たことも伝わり、イーサンの初恋の相手・ハンナを連れて来ることも成功し、2人と1匹は幸せに暮らしていました。

しばらくしてハンナの事故で亡くなった息子の奥さん・グロリアとその娘・CJがイーサンとハンナのもとで暮らすことになりました。しかしある日グロリアはCJを連れて出て行ってしまします。

その後ベイリーの寿命が終わる時、イーサンはベイリーに「生まれ変わったら今度はCJを守ってくれ」と頼みます。ベイリーはイーサンとの約束を果たすため、何度も生まれ変わってCJを守りにいくのでした。

「僕のワンダフル・ジャーニー」公式HP

https://boku-wonderful.jp/

スポンサーリンク

映画「僕のワンダフル・ジャーニー」のオススメポイント

「僕のワンダフル・ジャーニー」のオススメポイントを感想とともに紹介します。あくまで個人の感想なので、気になる方は実際に観て確かめてください。

映画「僕のワンダフル・ライフ」の完全続編!

前作「僕のワンダフル・ライフ」では、犬のベイリーとイーサンの強い絆を描いた物語でした。内容としてキレイに完結したので、続編は無理だろうなと思っていました。

なので今回の「僕のワンダフル・ジャーニー」はコンセプトだけ同じで、まったく別の犬と人の物語だと思っていました。・・・ですが映画は、ベイリーとイーサンとハンナが幸せそうに暮らしているところからスタートします!完全に続編です!

そして今回の話に繋がるまでが、違和感なくとてもキレイに繋がっています最高で完璧な続編なのではないでしょうか。

前作同様、映画「ワンダフル・ジャーニー」に出てくる犬はみんな幸せそう

なんといってもこの映画の良いところは、出てくる犬がみんな幸せになるところです。飼い主みんなが犬を大切にしていて、最後まで責任を持ってお世話をします。

特に主人公のCJは一度道を間違えしまいますが、その時でさえ愛犬・モーリー(実際はベイリー)を大事にしています。

作品に関わった方たちの犬への愛がとても強く感じることができます。

ベイリーの動作や思考にちゃんと犬らしさが残っている

動物映画で一番違和感があるのが「動物の動物らしくない動作・思考」です。あまりにも動物離れした言動があると見ていて違和感があり、気持ちが萎えてしまいます。

ですがこの映画シリーズは、犬の行動に無理がなく自然です。実際に犬がやりそうな動作・思想で映画が成り立っているのです。

ベイリーがたくましい

生まれ変わって子犬になると、しばらくは遊ぶことで頭がいっぱいになっていたベイリー。ですが、映画後半では犬生のプロでした。

生まれ変わってすぐに「僕の飼い主はCJ!」と強い意志を持ち、他の人がベイリーを飼おうとするとわざと噛んで拒否を示し始めます。その後見事CJと出会うのだからすごい。

また他の犬生の時に学んだことを活かし、CJを助けていきます。流石犬生周回プロはレベルが違います。たくましいです。

イーサンとベイリーの絆がたまらない

ベイリーが生まれ変わっていることに気がついているのはイーサンだけでした。他の人に話しても誰も信じてもらえないからです。

ベイリーが生まれ変わってCJと再会した後も、生まれ変わった姿でイーサンと何度か会うのですが、イーサンはすぐにベイリーだと気がつきます。イーサンとベイリーの絆があるからこそですね。

映画終盤になるとイーサンは歳をとり亡くなります。その後ベイリーは後を追うように亡くなり、生まれ変わることなく天国でイーサンと再会します。

今作ではイーサンとの約束を無事果たせて、前作でイーサンとずっと一緒にいると決めていたからですね。2人の絆がなければ成り立たなかった作品です。

おわりに

前作「僕のワンダフル・ライフ」でもそうだったのですが、今作「僕のワンダフル・ジャーニー」でも号泣しました。作品自体はずっと明るいテンションでハッピーエンドなのに涙が止まらないです。

わんこを飼ったことがある人は、自分が飼っていたわんこに当てはめながら映画を観るからとても心に響く映画だと思います。

映画を観終わって家に帰ったらすぐに我が家のわんこをなでなでしました。生まれ変わらなくてもいいから、今を幸せに過ごしてくれえ・・・。

 

スポンサーリンク